Entries

第2弾1日目(7/30)

今日もケベックはよい天気。一日のんびり過ごしました。

お昼のベトナムヌードル、フォー!フレンチのこてこてレストランの中で、アジア料理を見るとほっとするのはやっぱりアジア人だなぁと思う瞬間です。迷わず入りました。意外に美味しかった。



おやつはフレンチベーカリーで。

oyatsu.jpg

持参したインスタント味噌汁をあけてびっくり!最近のは凄いねぇ。しじみが真空パックに入っていて、割れないようにプチプチに守られています。さすが日本の製品だ!

miso.jpg

いよいよ明日から治療開始。どうか副作用がありませんように。

第2弾1日目(7/29)

本来なら、今日は朝も早よから病院で治療のはずが・・・木曜から開始になった為、今日明日とケベックで自由行動です。旦那と飛行機を変更して水曜日に出発も考えましたが、子供が産まれて宣告を受けてから、ゆっくり二人で休暇を過ごすことなんて皆無だったので、良い機会だ〜のんびりしようという事になりました。

朝は人参、ビーツ、リンゴのデトックスジュース!(のみ・・・と言えば健康だが、その前にクロワッサンとコーヒでフレンチ風朝ご飯。)

juice.jpg

朝方は15度くらいで、寒かったけれど、昨日の雨が噓の様にお天気になりました。でも日中太陽が出てきて、25度くらいになりました。フラットが本当に居心地良くて、旦那はもう「僕どこにも行かない〜」と観光を拒否。二人で昼間から、チーズとパテプレートを前にワインとビール。主に肝臓癌の治療なのに、いいんかいなぁ〜?!

lunch2.jpg

その後ちっこいチーズの盛り合わせだけじゃ小腹がすいて、リサーチしておいたベジタリアン系のデリで有名な豆腐バーガーを。これがものすごく美味しかった!!!

lunch3.jpg

そして、後はデッキで、本読んで、昼寝してちょっぴりヨガやって。あ〜、なんて素敵なバケーション。もう帰りたくなくなって来ました。

deck2.jpg

ケベック到着〜!

昨日、PRRT第二弾の為ケベックに到着しました。今回はNYからの直行便で楽チンでした。昨日はあいにくの大雨。8週間前に来た時よりも全然寒いではありませんか!でも予約していたフラットが本当に想像以上に素敵なのです〜!

room1.jpg

kichen.jpg

room2.jpg

家具や家電もモダンだし、なんと猫足タブまであるのです。(昨日ゆったり浸かって旅の疲れを癒やしました。)おおっ、こりゃウチに居るより快適だぜ〜と旦那も私も大興奮です。

bath.jpg

deck.jpg


おおおおぉっつ(;´瓜`)

昨日、ケベックのドクターから『Lu-177の配送に問題が生じて来週火曜日からのPRRTの治療に間に合いません。一週間遅らせる事できますか?』というオソロシイメールが来ました。おおおおぉっつ(;´瓜`) オイオイオイオイ!!!もう来週の話だぜ?

もう飛行機だってホテルだって今更予約変更したら払い戻しなんてないだろうし・・・。義理ママがフロリダから一週間息子の面倒を見に来てくれるのに、そっちのフライトも変更する様な事になったら、ものすごい出費になるじゃないか。誰が払ってくれるんだい?!

家族皆で青くなるなか、午後、幸いにもドクターから電話があり・・・。火曜からの治療を木曜になんとかして、金曜にスキャン、その後予定通りのフライトで戻る。4日目に予定されていた3度目のスキャンは無し。という事で話がつきました。旦那とじゃあ月曜じゃなくて、水曜に飛行機変更するかと話し合ったところ、今までバケーションというバケーションをちゃんと取れたためしがないので、治療の始まる2日間ゆったりケベックで二人だけ過ごそうという事になりました。

前回のホテルは値段重視で、安い所にしたので、まあまあでした。今回はhttps://www.airbnb.comというサブレットのサイトを使って、素敵なアパートをゲットしました。(写真ではね・・・)ちょっとしたバルコニースペースもあって、外に座ったりしてお茶を飲めるみたいので、期待して行ってきます〜♪

やっちゃた…(;´Д`)ウウッ…



近所のイタリアンベーカリーで、急に甘い物が食べたくなって。輪切りにするとクリームがぎっしり。アメリカのお菓子は大味でクリームの質が悪いので、いつも失敗する。今回もあ〜やっちゃったという感じでした。そして朝方嘔吐。あぁ・・・よせばいいのに・・・いつものパターンです。

砂糖は癌細胞が大好物らしい。多量に取るとそれがすぐ癌を育てるらしい。(PET scanで砂糖水みたいなのを多量に入れてからやるのは砂糖に癌が反応するからだそうです。)砂糖断ちした方がいいのでしょうが。なかなかねぇ〜。

夏の悩み

体重が増えず筋肉が落ちてしまって、腕などガリガリで血管が浮き出ていてみっともなくて、このクッソ暑いNYでショートスリーブの服が着られない。

肝臓にグレープフルーツ大の腫瘍が3つ以上もあるので、妊娠6-7ヶ月状態で、いつも妊婦に間違えられる。出産してからこの4年マタニティみたいな服ばっかりで、うんざり。

もう二度と会わない人なら笑っておしまいでいいですが、近状の人や息子の学校のママ友、、、みんな嬉しそうに「おめでた?」「二人目?」と聞かれるのが辛くて。でも嘘もつけないし・・・かと言って真実をイチイチ告げるのも面倒くさい。「違うんですよ〜」と濁して逃げてますが、本当にどうしたらいいぢゃろう? 

アメリカはブリンブリンに太った人で溢れています。え?アンタ、改札通れるの?って言うくらいのおデブさんとか、バスの一人掛けの椅子からはみ出してる人も居ます。はっきり言ってとても羨ましい。体重増えないのってとてもストレスです。ボンレスハムの様なブルブルした腕になってみたい。全体的に大きくなったらたぶんお腹が出てるのも脂肪にうもれて全然分からないはずです。

今日のNY。エンパイアステイツがビルの間から見えます。
empire.jpg

次回日程

PRRT第二弾は7/29-8/1に決定。きっちり8週間後です。この間治療を受けたカナダ人夫婦も同じタイミングで治療されるそうです。(何人も治療する人がいるとLu-177を病院側がまとめて購入出来るのでやや治療代が安くなるという噂が・・・。)

今のところ、大きな副作用は無し。お腹の張りは少しましかなぁ。(転移した肝臓が肥大か。妊娠6ヶ月状態。)嘔吐はやっぱり疲れる過ぎるとガストリンのレベルが上がるらしく、時折出ます。髪の毛が薄くなると言われた通り、抜け毛が激しい。髪も細くなってる感じがします。でも通常の抗がん治療ではないので、ばさっと抜けるという事は無いそうです。疲労感は常にある感じ。体重がなかなか増えません。

しかし・・・これで終わりじゃなかった・・・

ドクターから聞いてはいたが、ケベックから乗り継ぎ空港のモントリオールのUSのイミグレショーションでガード達の放射線探知機がものすごい勢いで鳴り出しちょっとした騒ぎになりました。もちろん小部屋へ連行。ドクターの手紙もあったのだけど、いろいろと調査開始。二時間ほどいろいろと質問されて拘束されコネクションフライトに間に合わず、夜遅くNYの家に着きました。

医療事情だったから、まあ結構親切な対応はしてくれましたが。疲れてたけど、気分が悪くなくて良かったです。これで吐き気やらあったらもう死んでたかも。

その上いろいろ財布から勝手に取り合えげられて、そのくせ最後に免許書が無いと言うと返したとか言い張る始末。(返って来てねぇよ!)結局小部屋の床に落ちてたいたかでフライトに乗る前に走って届けてくれましたが。これがグリーンカードだったら無くしたじゃすまんぞ。アメリカに入れないぞという感じです。

そして気がつくと友達がファッションデザイナーとして最初の秋冬コレクションに作ったお気に入りのカシミアのカーディガンを無くしてしまいました。はぁ〜。高かったのに・・・。

8週間後に戻る際にもカナダ側で拘束される可能性もあるらしいです。ものすごい放射線が体から出てるって事ですよね。ひぃ。次回の為に、病院側にもっと治療の説明資料を揃えてもらう事にしました。日本からカナダへという場合はここまでいろいろ問題にならなそうですが、アメリカはやっぱりテロ対策でとてもセキュリティがとても厳しい。

さて・・・やっと我が家へ。4歳の息子は両親不在の5日間けろっとして一度も泣いたりしなかったとか・・・。義理ママパパに大感謝です。が・・冷蔵庫を開けると、義理ママ得意の肉料理の山が!肉・肉・肉!!!牛肉の煮込み、チキンの丸焼き。鶏胸肉のピカタ風。豆のスープ。チキンのスープ。ひぇひぇひぇっっ。誰かお粥とお味噌汁作りに来て〜。

四日目(2014年6月6日)

朝からスキャン、ドクターとスキャンを見ながら話していたら、あっという間にもうホテルチェックアウトの時間。バタバタとチェックアウトして、有名なベーカリーにスープとクロワッサンを食べに行きました。クロワッサンはサックとして本当に美味しかった!

でもやっぱり今回困ったのは食べ物でした。一応キッチン付きのホテルにしたのですが、ケベックは観光の街でどこも高いし、フレンチ料理が主流でどれもこってりしてるので、あっさりしたアジア系料理のレストランを探しましたが、なかなかなかったです。日本食とは贅沢言わないからもう中華のスープとかお粥だけでいいんだけどなぁ・・という感じなのに、気軽にテイクアウト出来るところが全く無かった事。次回はパックの入ったレンジで温められるご飯も持参かなと思っています。

三日目(2014年6月5日)

せっかくの自由行動の日なのに、雨です!近くにマルシェがあるので、覗いてみましたが、雨の為かあんまりにぎわってない。そこで、春巻きみたいなのに、それぞれラム肉、豚、チーズがはいってるのを買って旦那と半分こして食べました。それからもちろんデザートタイムのスイーツ巡り!!!見た目はどれも美味しそうなのんだけど、メープルシロップがたっぷり使ってあって、ものすごい甘い。鼻血が出そうなほど甘い。もうカナダのお菓子はいいです。メープルシロップバターがアイスのコーンに入ってるやつ。ぶっ倒れそうな甘さ。

MSB.jpg

あ、でも夜散歩道で見つけたチョコレートミュージアムのアイスをチョコにディップするやつは本当に良質のチョコ使ってるぅ〜という感じでとても美味しかったです。ここはミニコーンも出来るので、ちっと物足りないけど、ちょっとだけお試しという感じで食べられるので良かった。

ice.jpg

Extra

プロフィール

和栗

Author:和栗
NY在住アラフォー。(いんちき?)デザイナー、AD、プロデューサー。

アメリカ在住15年くらい???

マクロビ、ビーガン、ベジタリアン全部試して、自他とも認める健康お宅だったのに・・・。待ち望んだはずの妊娠をきっかけにストレスとホルモンバランスが崩れたみたいで、世にも稀な癌(pNET)と格闘するはめに・・・。

このサイトでカナダのPRRTの治療の情報など出来るだけ提供したいと思ってます。少しでも苦しんでいるfighter達のお役に立てれば嬉しいです。

メールフォーム

抗がん治療の後や、手術の後などはすぐお返事出来ないかもしれませんが、気長にお待ちいただけるなら連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事