Entries

アサリ(?)

最近毎晩足がつります。もの凄い痛み。しかもなかなか治まらない。ドクターに薦められて、サプリメントなども飲んでいるのですが、いろいろ調べてみると貝類や魚、イカやタコに含まれるタウリン不足になると筋肉を疲れやすくさせて、運動能力の低下や足がつるという現象を起こすらしい。確かに、アメリカに居るとあんまり貝、イカ、タコなど食べる機会が日本よりも少ないかも。ファーマーズマーケットで貝があったので買ってみました。名前を訪ねるが『なんちゃら』リトルネッククラムとか言ってたけど、良くわからん。大きさから言うとアサリ?

asari2.jpg

大鍋二つに、一つはオスマシで(ウチの男子の為)、一つは自分の為に韓国の臭い納豆味噌で作りましたが、この納豆味噌とにかく臭い。うちの男子には大不評!!!旦那は意外にもオスマシ美味しいと言ってましたが息子は貝を噛みもせず、吐き出し・・・。(まあ子供って貝ってあんまり好きじゃないよなぁ。)納豆味噌は本当にくっさいのですが、体にいい感じで、飲んでると調子が良いです。しじみとか貝は確か肝臓にも良かったはず。でもこれを連日温めているとキッチンに匂いが残るのかついに禁止令が出ました。

おすましの方。ファーマーズマーケットで買ったカブとキャベツも入れました。

asari1.jpg

副作用

今回はかなり副作用がヒドイです。ガストリンがたっぷり出てるみたいで、嘔吐治まらず。二回目からどんどん楽になると聞いていたので、話が全然違うやんか〜(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

もうブログも開設すぐ放置状態あぁ。義理ママもさすがに疲れたみたいで、ものすごい勢いで帰って行ってしまいました。今回は激しいお肉の山はお断りしておいたので、やや(?)控えめな感じで冷蔵庫にいろいろな物が詰まっていました。もちろんお決まりチキンスープ、多量の豆のスープ、チキンカツ、ポークテンダーロイン、キヌアカレー風味。ポークは意外や意外とても美味しく、旦那とうなずき合ったくらいでした!でもこれを大絶賛すると次回は10倍に量が増えるので、控えめにお礼を伝えておきました。

ケベック中に、日本の友達が激励品を沢山送ってくれました。



ふぐのお粥や素麺。ツルツルしてて喉越し優しく嬉しく、あまり食べられない時には嬉しいです。ヨックモックのシガールやウエストのサブレなど、とても懐かしくて時々食べたくなるけど、なかなか手に入らない物ばっかり嬉しかった。子供の為のお菓子まで。Rちゃんありがとう。

第2弾4日目(8/1)

朝から副作用が酷くて具合が悪くて病院でスキャン中に何度も嘔吐。(その為画像がイマイチ奇麗に出なかったところもあった。ひぃ)

その後、なんとか空港までたどり着いて飛行機に乗ったのに、NYの天候事情で数時間の遅延になると降ろされ、嘔吐はいっこうに止まる気配無し。車椅子で移動しながら、ついにメディカルアテンションを申し出たら、VIPルームに連れて行って休ませてくれました。

やっと3時間遅れで、また飛行機に乗り込むがトイレに駆け込み嘔吐嘔吐。でも本当にカナダの空港のスタッフもフライトアテンダントもみんなとても親切でお水や濡れタオルを持って来てくれたりしてくれました。

やっとJFK到着、これからがまた小部屋尋問かとぐったりしていると、車椅子の為に長い列もどんどんスキップして進んでいくと案の定、ガードの放射線探知機がぴーぴー鳴り出し、ハイハイこちらねっと言う感じで、一番前にしてくれました。さすがにJFKではこういう例も沢山有るようでドクターの手紙を一瞥しただけ、オッケーとすんなり通してくれました。小部屋尋問無し。デタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

外に出るとタクシーを待つすごい人の列・・・。しかしここでも車椅子優先で、列をカットして一番前にしてもらえました。なんとか家にたどり着き、義理ママが今回は何を作ってくれたのか冷蔵庫を確認する余裕もなく、ベットに倒れ込んで死んだ様に眠りました。

第2弾3日目(7/31)

一時はどうなるかと思った今回の治療、なんとかスタート。また前回一緒だったカナダ人夫婦と一緒で、最初はベットに陣取っていたのですが、旦那さんの方本当に具合が悪そうで椅子に移動。でも次回はベットを二つ入れてもらうようにしようかなぁ。だって寝てる方が楽です。

readytoget.jpg

今回はもう段取りも分かってるので、あっという間に投薬投入もおしまい。しかし点滴を両腕に入れるのに、毎回血の海になるんですが・・・ヘタクソだなぁ。ランチもしっかり12時ごろ食べられました。やっぱりすごい肉!!!スープも肉スープで、次回からベジタリアンミールをお願いしようかと思いました。美味しいクロワッサンを持参で来て良かった。

hospital_lunch2.jpg

2時点滴完了。スキャンして3時過ぎには病院を出ました。結構元気だったの、ジュースバーにデトックスジュースを旦那と買いに行きました。

juice2.jpg

Extra

プロフィール

和栗

Author:和栗
NY在住アラフォー。(いんちき?)デザイナー、AD、プロデューサー。

アメリカ在住15年くらい???

マクロビ、ビーガン、ベジタリアン全部試して、自他とも認める健康お宅だったのに・・・。待ち望んだはずの妊娠をきっかけにストレスとホルモンバランスが崩れたみたいで、世にも稀な癌(pNET)と格闘するはめに・・・。

このサイトでカナダのPRRTの治療の情報など出来るだけ提供したいと思ってます。少しでも苦しんでいるfighter達のお役に立てれば嬉しいです。

メールフォーム

抗がん治療の後や、手術の後などはすぐお返事出来ないかもしれませんが、気長にお待ちいただけるなら連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事