Entries

結局

色々と考えた結果、PPRTの追加治療を行う事になりました。今年は一回か二回、様子を見ながらという事。放射線治療はかなり体に負担がかかるので、もうこれで最後になるかなぁ。後1-2年で、日本やアメリカでも出来る様になりそうですが、それを待つ事はリスクが有り過ぎる。そしてまた大きくなってからやるより今縮小中にやった方がより大きな効果が得られるでしょうとの事で決めました。おそらく10月の半ばにはやる事になりそう。

今年は夏に体力も体重も良い感じでついて来て、大丈夫かな?と思っていたけど、ダメでした。合併症で糖尿病治療を3月ごろから始めてまた通うドクターも増えてしまったので、ゲッソリです。ドクター達は『やろう!やろう!』と気軽に言うけどさ・・・誰か150万円の治療費出してくれるのぉぉおおおお?!いつかマイホームとコツコツ旦那と貯めていたお金もこんな風に使われるのは本当に辛い。

ちょっと落ち込み中の中、今日は大学時代の友人が日本から遊びに来てくれました。お土産ドッサリで嬉しい!!!ありがとうYちゃん。

早速『焼きキットカット』をスィートポテト味で作ってみました。ポッキーもハートなのねぇ。日本ってお菓子も常に進化しててすごいわ〜!尽きない話にあっという間に時間が経ってしまいました。

今後・・・

休暇前8月にやったスキャンの結果をケベックのドクターとNYの大先生と吟味。とりあえず、結果は安定してるとの事。しかし以前見られた腫瘍の縮小が見られていない。わずかだが、大きくなった腫瘍がある。骨盤の骨の移転の部分が顕著だ。

という事で秋に二回PRRTを強くすすめられる。その上で、いつものオクトレチド60mgと骨対策のためにXgeva(denosumab〔デノスマブ〕)という薬を点滴で入れるという事になりそうで、どうしたもんか。

最近本当に元気だったので、新しい薬をまた投与するのにはかなり抵抗がある。薬漬けになってボロボロになりながらも存命する意味があるのか?もうここら辺でいいのではないか?!と弱気になってしまう今日この頃。

息子が母の日にくれた鉢に花が咲きました。
hopeS15.jpg

これが存命の理由。しっかりしなきゃと思いつつ辛い。

さて・・・

あっという間にバケーションは終わり、フロリダに息子を迎えに行って来た。あいにくの嵐で雨ばっかり楽しみにしていたビーチにも行けず・・・

さぁ帰るよって日にすっきり晴れました。
FL_S15.jpg

NYの新学期は遅いので、まだ一週間ほど学校が始まりません。アメリカの夏休み長いなぁ。

夏休み

息子をフロリダの義祖父母宅に送りこんで、久々の子供無しの休暇を楽しみました。行って来ましたアイスランド!

ブルーラグーンで一風呂浴びて、
IL_BL_A15.jpg

美味しい食事と
ILfoodA15.jpg

ラムとチャーと地ビール。
ラム肉が有名であちこちに羊達が広大な自然の中に放牧されていました。臭みや癖の全く無い柔らかいラム肉に舌鼓!

滝や間欠泉を沢山見て、しぶきとマイナスイオンを浴び浴び大自然を満喫。
IL_HS_A15.jpg

IC_rainbowA15.jpg

IL_houseA15.jpg

でも何よりも素晴らしかったのが、地熱発電のテクノロジー。なんてエコ、なんて経済的!日本も原発なんか辞めてこういうのやって欲しいよ〜。

Extra

プロフィール

和栗

Author:和栗
NY在住アラフォー。(いんちき?)デザイナー、AD、プロデューサー。

アメリカ在住15年くらい???

マクロビ、ビーガン、ベジタリアン全部試して、自他とも認める健康お宅だったのに・・・。待ち望んだはずの妊娠をきっかけにストレスとホルモンバランスが崩れたみたいで、世にも稀な癌(pNET)と格闘するはめに・・・。

このサイトでカナダのPRRTの治療の情報など出来るだけ提供したいと思ってます。少しでも苦しんでいるfighter達のお役に立てれば嬉しいです。

メールフォーム

抗がん治療の後や、手術の後などはすぐお返事出来ないかもしれませんが、気長にお待ちいただけるなら連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事