Entries

最終日

4日目(12月18日): スキャン→空港へ
今朝は前夜のパテとゴートチーズ、ワインの酒盛り(?)にちょっと食べ過ぎたか、具合はイマイチ。でも嘔吐無し。早朝をスキャンを終わらせいざ空港へ。雪の為、既にまた40分の遅延。あぁ〜、Montrealで絶対乗り継ぎ間に合わない・・・!案の定、入国審査で拘束され、6時の便に振替されました。前回の経験上わかっていた事ですが、カナダ内の米国への入国審査かなり厳しくやります。JFKなどでは書類を見て、すぐ通してくれますが、ここではいつもなんか色々調べてから。まあでも前回は3時間ほど拘束された事を思えば、今回は色々準備していたので小一時間ほどで解放されたので、ましか。それにしてもNY-Québecは2.5時間ほどなのに、遅延・乗り継ぎ・拘束で移動も一日がかりです。結局家には8時過ぎに到着。グッタリでしたが、母の手料理に迎えられてほっとしました。

window2D15.jpg

今回の宿はネットコネクションが物凄く遅くて、iPhoneでFBを見るのもままならぬ感じ。画像がなかなかロードしない。動画なんてもっての 他。なので、帰宅してからまとめてブログ更新に至りました。治療中、無事着いたのか心配して連絡を下さった方々にはご心配おかけしました。

Comments

[C29]

調子はどう?ゆっくり休んでくださいね。
私は、来年の「弾丸とらべらー」に備えて羽を休めております。
  • 2015-12-20 00:08
  • 弾丸とらべらー
  • URL
  • Edit

[C30] 調子良いです!

思ったより元気にしてます。嘔吐無し。昨日はヨガでたっぷり汗もかきました!ありがとうね❤️
  • 2015-12-20 09:51
  • 和栗
  • URL
  • Edit

[C31] 良かったですね

治療無事成功のご様子良かったですね。v-221
いつも吐き気について書かれていたので気になっていました。
PRRTのためにサンドスタチンを中止する期間の対策が、カペシタピンですか? それとも既に服薬治療されていたのですか?
  • 2015-12-21 20:13
  • パイン
  • URL
  • Edit

[C32] 実験中!

パインさん、サンドスタチンはPRRT治療中も常に行っています。カペシタピンとPRRT治療の混合で最大限の効果を狙っています・・・。(そういうスタディがあって大きな効果が得られる場合もあるらしい。)うまく作用すると良いのですが・・・。とりあえずカペシタピンはPRRT治療の二日前から始まり、2週間のみです。
  • 2015-12-21 21:58
  • 和栗
  • URL
  • Edit

[C33] どちらの国の?

またまた、失礼します。
PRRT治療では、サンドスタチンはお休みするものと聞いていました。スタデイは、アメリカ、カナダどちらの国のものですか?
サンドスタチンをしていたので、ガストリンがコントロールできたのでしょうか? 素人考えですが、失礼ながらとても興味深く…
  • 2015-12-23 05:20
  • パイン
  • URL
  • Edit

[C34]

studyについては、効果が見られたケースがあるとしか聞いていませんが、おそらく数件と言ったところでしょうか・・・?!NYの大先生のところには世界中から色々なケースが持ち込まれるので、アメリカに限りという事ではないと思います。

私にとってサンドは下痢止めのみ効果有です。本来ならPRRT治療中はlong actingからshort actingに切り替えるらしいですが、毎日3回注射するのが嫌なので、long actingの量を治療の日程と照らし合わせて量を調整してます。でも基本的にはずーーっとやってます。

今回嘔吐が抑えられているのは嬉しい事ですが、どうしてかは良く分かりませんが、日々運動して鍛えている効果が出てる!とポジティブに考える事にしてます。一回一回副作用も違う感じがします。
  • 2015-12-23 06:00
  • 和栗
  • URL
  • Edit

Post a comment

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://waguriprrt.blog.fc2.com/tb.php/80-0e420785
Use trackback on this entry.

Extra

プロフィール

和栗

Author:和栗
NY在住アラフォー。(いんちき?)デザイナー、AD、プロデューサー。

アメリカ在住15年くらい???

マクロビ、ビーガン、ベジタリアン全部試して、自他とも認める健康お宅だったのに・・・。待ち望んだはずの妊娠をきっかけにストレスとホルモンバランスが崩れたみたいで、世にも稀な癌(pNET)と格闘するはめに・・・。

このサイトでカナダのPRRTの治療の情報など出来るだけ提供したいと思ってます。少しでも苦しんでいるfighter達のお役に立てれば嬉しいです。

メールフォーム

抗がん治療の後や、手術の後などはすぐお返事出来ないかもしれませんが、気長にお待ちいただけるなら連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事