Entries

言わせてもらお〜(Québec滞在中に時間もあるし書かせてくれ!)

3月の末に、義理両親が転がり込んできました。Québecに滞在中は息子の世話をしてもらっているので文句は言えませんが・・・。やっぱり同居きっついぃ。
(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア
もう絶対無理。この一ヶ月半でかなり私は壊れました・・・。

まず、ちゃんとゲストルームがある設定になってないのも双方のストレスになってます。義理両親が居るベースメントには洗濯機があるので、気楽に日々の洗濯をしに降りていくのもままらず・・・。ベースメントのシャワーは物置になっているので、みんなで二階のバスルームを使うと結構順番待ちが・・・。しかも流石に5人使うともう足拭きがビッチャビッチャで、それを毎回ドアにかけてくれるといいんですが、朝までべったりと床に張り付いていたり・・・。家族だって髪の毛とか気持ち悪いのに、他人の髪の毛至るところにまってるのも閉口。(母が来ると昼間にお風呂入ったり、しっかり髪の毛とか取ってくれていつもりピッカピカなんですがねぇ
(;´Д`)。)

嫌なのが息子をめちゃくちゃ甘やかす事。狂った様にプレゼント(正義の味方の人形を6-7体とか・・・既にスパイダーマンとかもう7-8個持ってるので、1-2個でよくねぇか?)ローラーブレード買って、ちょっと難しかったのか30分ほどで上手くいかなくなると次の瞬間もうバット&ミット野球セットを買いにいく。その合間にもポケモンのカードをバンバン買い与える。(息子が学校やらで無くしてくるとすぐ買い与える!)なんか際限がないというのか、思慮にかけるというのか、無くしてすぐまた買い与えると子供が学ばなくねぇか?唯一食べ物に関してはジャンクフードをあたえない様に口を酸っぱくして言ったので、そこは守ってくれていますが、不在中の今どうだか・・・。昨日のスカイプでは夕飯はピザ、その後チョコがけドーナツ、アイスクリーム・・・。

そして最大のストレスがとにかく遠慮なくキッチンを使う事。私もかなり料理するので二人の女がキッチンを奪い合ってる壮絶なバトルはご想像におまかせします。棚にはママの調味料が溢れかえってしっかり占領されています。洗い物など結構してくれるんですが、老眼で見えないのか、全然取れてなくて私が二度荒いをよぎなくされる。あれっと綺麗なお皿やボールを掴むとヌルヌルしてます。しかもこの間見たぜ!調理前のベーコンを並べたまな板を拭いただけでもどしてた。速攻で洗剤で洗って熱湯消毒してたけど。

スーパーの袋の上に調理前のチキンを4-5時間出しておく・・・。
chikenM16.jpg
これって(;゚д゚)ァ....?!未使用の袋の内側を使うならまだしも外側なんですが。これ床とか地面に置いたんじゃないの?!衛生面は小さな子供いるし、私も抵抗力が弱いので、きっちりして欲しい。見てる時はすぐアルコール消毒とかするけど、この調子だと不在中はもっと恐ろしい事になってると思うとぞっとするあるよ。これで癌も悪化するあるね。

しかも二人ともかなり偏食家で私の作った物は一切食べません。でも私もママの作った物ばかり2ヶ月とか食べられません。なので、食事の時間を分けて食べています。中華やピザのテイクアウトも多くて、一緒に食べると息子が欲しがるので。それでもめげずママはお菓子作りは私のセラピーだからとか言って砂糖&着色料たっぷりのケーキやらなんやらほぼ毎日焼いてくれてます。誰が食べるんだろう・・・。

本当はもっともっと書ききれない位の愚痴はあるのだが・・・今回はこれ位に・・・。

でもまあ最悪の同居にも終わりは来る・・・私たちが帰った次の月曜日には晴れて新しいNJのお家へ引っ越してくれます。でも逆にさ、Québecの治療はかなり疲労が激しいのと微量がだが放射線も体から出てるので、一週間くらいは居て息子の送迎なんかやってもらえるとありがたいんですがねぇ。だけどその間のストレスも考えるともう強く生きていくしかないって感じです。もうちょっとタイミングが上手くいったらよかったのにだけど。人生思う様にいかない事ばかり。

しかし今回きっちり旦那にも話したし、旦那も理解してくれました。マンハッタンの国連の隣にキャッシュで買った高級マンションに悠々と暮らす義理姉夫婦も居るのだから、やっぱりそちらももう少し協力的になるべきだし。(だが、こちらはかなり親娘関係が険悪でしゃべってないらしい・・・)先日ちょっと義理姉に文句言ったけど、角が立たぬ様にハッキリ言わなかったので、全然伝わらなかった模様。アメリカ人は気遣いは不要でハッキリ言わなあかんね・・・。

Comments

Post a comment

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://waguriprrt.blog.fc2.com/tb.php/91-0f570aac
Use trackback on this entry.

Extra

プロフィール

和栗

Author:和栗
NY在住アラフォー。(いんちき?)デザイナー、AD、プロデューサー。

アメリカ在住15年くらい???

マクロビ、ビーガン、ベジタリアン全部試して、自他とも認める健康お宅だったのに・・・。待ち望んだはずの妊娠をきっかけにストレスとホルモンバランスが崩れたみたいで、世にも稀な癌(pNET)と格闘するはめに・・・。

このサイトでカナダのPRRTの治療の情報など出来るだけ提供したいと思ってます。少しでも苦しんでいるfighter達のお役に立てれば嬉しいです。

メールフォーム

抗がん治療の後や、手術の後などはすぐお返事出来ないかもしれませんが、気長にお待ちいただけるなら連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事