Entries

日本の癌センター

数週間前に一度先生との顔合わせ・初診に某癌センターへ。最近病院を改築したらしく、新しいピカピカの建物です。しかもそこはジャパン!効率も良いし、きめ細かなサービス。患者は皆、呼び出しベルをもらうので、ベルが鳴るまで、カフェやレストラン、ラウンジでゆったり寛ぐ事が出来る。その他、検査、会計も全て電光掲示板に番号など出るので慌てる事も無い。暗くて居心地悪い待合室でいつ呼ばれるかと延々と待たされるストレスは皆無。とは言ってもやっぱり患者は沢山詰め込み過ぎなので、初診で2時間、注射の時は(これは色々あって・・・)5時間ほど待たされましたが・・・。まあそれでもラウンジでお茶とメロンパン(これが有名なベーカリーの物で安い!)をがっつきながら、読書やメールなど出来たので、それほど負担にならなんだ。

すごいねー、日本は!しかも日本では遅れていると言われてた心のケアセンターも完備されていて、ああぁーもう安心して癌になれるわーってのが強い印象。(笑)

で、暇な間にリサーチした病院から近いネパールのカレー屋さんでランチ。アンタ本当に病気?!って思うほどの食欲や!
ネパール

Comments

[C44] 滞在をお楽しみください

こんにちは!
どうされているのか、とても気になっていました。
お元気に里帰りのご様子、しかもサンドスタチンの注射も
手配済みで、すでになされたとのこと、良かったですね。

やはり、和栗さんのアメリカでの規定量は、できなかったのですね。
でも日本の保険制度が適用されてのことでは、何かあっても安心ですね。

アメリカでは、ランレオチドの選択肢はないのですか?
これから日本では可能になりそうなので期待しているのですが…

  • 2016-07-29 22:45
  • パイン
  • URL
  • Edit

[C45] ありがとうございます。

あったと思います。時々大先生との話題にもあがるのですが、今のところ現状維持でなんとかやってるので新しい投薬をなるだけ控えています。30mgだとやっぱり体が楽です。まあ効き目も半分なのだろうけど・・・。
  • 2016-07-29 22:53
  • 和栗
  • URL
  • Edit

Post a comment

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://waguriprrt.blog.fc2.com/tb.php/99-46a607ba
Use trackback on this entry.

Extra

プロフィール

和栗

Author:和栗
NY在住アラフォー。(いんちき?)デザイナー、AD、プロデューサー。

アメリカ在住15年くらい???

マクロビ、ビーガン、ベジタリアン全部試して、自他とも認める健康お宅だったのに・・・。待ち望んだはずの妊娠をきっかけにストレスとホルモンバランスが崩れたみたいで、世にも稀な癌(pNET)と格闘するはめに・・・。

このサイトでカナダのPRRTの治療の情報など出来るだけ提供したいと思ってます。少しでも苦しんでいるfighter達のお役に立てれば嬉しいです。

メールフォーム

抗がん治療の後や、手術の後などはすぐお返事出来ないかもしれませんが、気長にお待ちいただけるなら連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事